ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

高校生へ 理系大学生は大変なので、けっこう病みます



あとで読む

これを誰か……とくに高校生が読むことを期待して書き綴ります。

私が一般人よりも既にいろいろと病んでるであろうことは承知のうえで、それでも知らしめたい現実があるからです。

 

理系は、病みます。

 

ぶっちゃけ、それを知ってる、覚悟してる人は読まなくていいです。

もう一度いいます。

 

理系大学生は、病みます。

 

先に申し上げておきます。何%が病むだとか退学する、というデータに期待しないでください。めちゃんこ主観です。Nがヒトケタ台です。

なぜなら(主観的に)病むかどうかなんて、データに現れるはずがないのだから。

病むというのは「うつ病になる」ということではありません。

気分が陰鬱として、様々なことに手が付けられなくなる、というぐらいの意味です。

たぶん病気ではないと思いますが、本人にとってはけっこう深刻なので。

 

前提

  • 大人のほうがきついだろ!いい加減にしろ!
  • 文系もきついだろ!いい加減にしろ!
  • 俺たちのときは楽だったぞ!いい加減にしろ!
  • 最初に調べなかったお前が悪い!

わかります、わかりますよ。

 

が、上二つ、「大人は大変ではない」「文系は楽」とはひとことも言うつもりはありません。経済経営学部の友人は「今期4コマです。が、就活がやばい」、法学部のひとは「下手な理系よりきついと思う」。たぶん社会全員が大変なんでしょう。

 

俺のほうが楽だった論ですが、大学が昔より運営をちゃんとし始めてるのは話を聞くに明らかです。学生も良くも悪くも手を抜けなくなりました。出席とか、テストとか、留年覚悟土下座とか、GPA評価とか。

 

最初に調べないのが悪い論。オープンキャンパスに行ってきちんと質問する学生は、そもそも最初からこんなページ読まないと思います……。スマホで休みの日に読んでもらうことを予測して書いてます。

 

無責任な教師と親

一体全体なぜ私がこんなことを啓蒙したくなったかといえば、それは教師や親の無責任な言動のせいです。全てそれのせいであるとはとても言えませんが。

 

N=10ぐらいですが、とりあえず聞いた限りでは「こんなにきついとは聞いてなかった」と友人たちは口にします。

 

当たり前ですが、受験を控えた生徒に対し「大学はこんなにきつい場所だ」なんて、「高校の時のほうがましだ」なんて、口が裂けても言わないでしょう。それが本当のことであれ。

 

しかし私は皆さんに、同じ轍を踏んでほしくない。

 

病みます。病みますよ。

 

病むとは何なのか

精神に悪影響があることです。

正しくいえば、精神に悪影響が出る状態が「続く」ことです。

もちろん大学には楽しいこともいっぱいありますが、それが苦痛に上回られたとき、病むといいます。

病まないようにするため、理系の人達はなんとなく学生生活を過ごすのです。

しかしもうそれ自体が病みますし、何も考えずいったとて、*1結局研究室でタコ殴りです。

 

詰んでるんです。

 

 

ともかく、親や教師が受験期に刷り込んだ「ここを乗り越えさえすればあとは」みたいな考え方、「大学に入りさえすればこっちのもんだ!」みたいな考え方は、入学前に捨てておいてほしい。入学して、瞬殺されます。

 

なぜきついのか

学科による。

としか言えませんが、一般には「宿題の多さ」「講義の多さ」「講義の難解さ」「性別のバランスの悪さ」「実験レポートのだるさ」があるでしょう。

理系にも楽な大学、楽な学科はありますが、先輩後輩だとか同学年の別学科の人に聞いてみても、似たようなことを言うので、たぶん一般的にそうなのかも。

 

このうち宿題と講義の多さ、難解さはお察しなので省きますが、「とにかく男が多い環境」「実験レポート」が地獄です。

 

男にとって、男が多い環境の何が危ないか。自分が周りにどう見られているか感じる心、社会的動物として失ってはいけない心をなくしがちなのです。それは言いかえれば自身に客観的評価を与え、その価値を上げていこうとする心です。

 

当然オシャレ男子はいます。いますが、数も知れてます。

特に地方の大学であればあるほど、オシャレに無頓着な男子学生の割合も高くなります。

美容室に一度も行ったことがないのは普通として、彼女いない歴=年齢だとかなんてザラで(それが悪いとか無理やりでも彼女つくれとは全く思ってませんよ、私も今、つくる気ないしできる気もしません)、パチンコや競馬にのめり込む学生*2月のバイトの稼ぎの半分をフーゾクに費やす学生、いろいろ出てきます。

 

オシャレどころか学業からも離れていき、入学当初の初々しい目やぴんとした姿勢はどこへやら、レポートをギリギリまで終わらせない、出席のない授業でサボりまくる、授業自体を聞かない、そういう学生たちがいっちょあがり。

幸い、私の親しい友人にはそういう人がいませんが……。

学科には死ぬほどいますよ~。え、私ですか?しっしっ。

 

当然授業もわからない。わからないからきつい。きついから病む。

 

男が多いだけでこんなにも堕落するのだと驚くことと思います。

 

男子校出身の方は「別に高校は病んでなかったぞ」と思われるでしょう。それは生徒に求められる校則があって、クラス全員で団結するイベントがあって、何より「大学合格」という大きな目的があったからではないでしょうか?

 

女子はもっともっと大変そうです。

学部学科によりますが、だいたい理系は女子が少ない。医学部看護学科で6割、農学部でせいぜい半分、学科によってはゼロ……。

 

大学はモロに「相互扶助」を実感できます。

ムサ苦しい男友達たちとも、つるめばレポートもテストもなんとかなります。がそもそも助け合う相手が少ない女子は、クラスに1人相性の悪い同性がいただけで、大変そうです。というか、大変だと言ってました。

 

いないとは思いますが「理系に進めばモテモテやん!」とお考えの女子の皆さんは、どうか考え直してください。そもそも最初からあなたを対象として見てない、二次元に生きる男たちも、理系には山ほどいるのですから。え、私?うーん。ヒ・ミ・ツ♡

中途半端にきつくて終わりかもしれません。

 

それプラス、実験レポートという、完成に10時間ほどを必要とする宿題もあります。当然実験は強制参加、一回でも休むと即落単の現実。レポート出さなくても即落単。落単とは→*3

必修の授業を落単ということはすなわち留年。

 

研究もきつい

理系研究室も、病みます。

 

 

特に成果が出ないときが一番病みます。

さっき研究楽しい!ってエントリ出しといて申し訳ないんですが。

実験系を組み立てたのに謎のエラーで1週間動かなかったりします。マクロ、動け!

そういう時は大学に行っても無駄だからとヒキコモリがちですが、ますますヤバくなってくるんですよ。夕方の太陽を眺めて「うわ、これ、地球終わるな」って思ったりします。

 

 

 

学科にもよりますが、「院に行くのが当然」あるいは「院に行かないと満足な研究ができない」というところは、大学院進学率が80%を超えます。自分の進路だから他人に影響されてはいけないのですが、みんながノホホンとしてる中、自分だけ就職説明会に行くというのも、なかなかに心細いですよ。

理系に入ったらほぼ院に行くものと考えておいてください。

そこに待っている現実は、さらに厳しいものですが。

 

こんな現実を高校1年の時点で知っている高校生は決して多くないだろうと思います。それどころか「大学受験を乗り越えさえすれば……!」と考えるせいで、そのギャップに驚き、入学後のモチベが著しく下がる学生も、けっこういると予想しています。

 

いったいどうすればいいのか。

病まないようにするにはどうしたらいいか。

 

自分の時間がないと病みますよ!

賛否両論あるかとは思いますが、趣味とか特技に打ち込める時間をつくっておいてほしいのです。高校生のうちに「これをやってるときは悩みを忘れられる」という何かを見つけておいてください。なんでもいいのです。

私はブログだったり、サークル活動だったり、カラオケだったり、お絵かきだったりします。

 

「レポートやらなきゃ(使命感)」「今日バイトだ(絶望)」「講義1限からだアアアア」いろいろと責務が多く、何かと自分の時間を忘れるものです。

 

趣味を見つけておけば、それに打ち込んだり、あるいはそれ系のサークルに入って友達を見つけることで、だいぶストレス発散もできるというものです。

 

てか、趣味さえあれば、確かに病むけど、ぶっちゃけ何とかなります

 

目標をつくっとかないと病みますよ!

確かに大学受験もきついです。落ちたら終わりだという破滅的すぎる考え方に、だいたいの人間が支配されています。あんなのはもう嫌だ。私、落ちたときのために遺書書いてましたもん。今考えても恐ろしい。

 

ですが大学はまた別の意味できつい。

何となくレポートや課題に追われ、サークルに行き、バイトをし、ネットをして寝るみたいな生活だと「何のために大学に通ってるかわかんない!」となって、病みます。

 

別に学業でトップを目指せと言っているわけじゃなく*4自分なりに「大学卒業後の自分」を予想しましょう。こうなっていたらいいな、こういう資格ほしいな。

主体的に生きないととかく精神を病みがちなのが、理系学生なのです。

 

さいごに

残念ながら高校生の時の私は「数学得意だし理系でいいや~」「大学って人生の夏休みだしな」「入れば勝ち!」と思い込んでがむしゃらにやってたせいで、自分の考えていた大学像と違って、けっこう苦労しました。アホの子です。

 

考えの甘い高校生がこれを読んで改めてくれることを祈り、筆を擱きます。

*1:スキル、知識不足で

*2:魔法にかけられたのか

*3:「単」位を「落」とすこと。すなわち不合格

*4:「大学」は学ぶための場所ですからそれが正しくはあるんだけど