ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

生存報告と進捗報告



あとで読む

お久しぶりです。

 

前回の更新からすでに10か月がたってしまいました。え、誰かって?

いや、お忘れのままでいいんですよ。それぐらいのほうが気楽です。

 

久しぶりにこちらを覗いてみると、未だに更新が続いている方もいますが、私が交流していた多くの方のブログが活動休止みたいな状態になっていて、ちょっと寂しさを感じたりもします。でも、便りがないのは良い便り……。本当かな?

 

アクセス数も20%ぐらい落ちてしまいました(10月未更新で20%しか落ちないってはてなのドメインパワーどうなってんだよ)が、別にお金儲けが目的じゃないので、どーでもいいです。ちょっとしたお小遣い程度にはなってますよ。毎月バイキングに1回行ける程度には。

 

大学の研究が忙しかった

更新できなかった理由はこれに尽きます。

文章を書くのは好きですし、書き続けたいとも思っていましたが、なかなか時間が取れなかったりするもんなんです。

研究が捗りすぎて、学部4年なのに国際学会に出させてもらったり、査読ありのかなり短い論文を書くことになったりして(ものすごく珍しいことらしいです、感謝です)そのぶんこちらがおろそかになっていました。

 

知的好奇心が私の全てを突き動かす

まあ、……あんまりエラそうなことは言えないですけどね。まだ学部4年なので。

でも、研究室に入って思ったのは知的好奇心ってスゲエんだなあと。こういう題名のブログをつくっただけあって、自分が知らないことを明らかにしたい、という欲は他人よりも数倍強いという自負がありました。研究にそれが生かされた形になります。

 

具体的には、すでに5月から実験系を組み立て、6月からデータを取って、という感じでした。ボスからアテにされてしまってる感があって、それはそれで荷が重いのですが、世の中の誰もまだ発見していないことを自分が発見する、という快感には勝てません。端的に言って、超楽しいです。

 

それとも、今はデータが出てるからそう思うだけなのかなぁ。

 

研究職は?

となると、当然将来のキャリアは研究職ですよね!?と先輩にも友人にも言われるのですが、全然、だめだめです。進む気、ゼロです。

 

いわば今は「研究を趣味でやってる」のであって(ボス、すみません)、それを仕事にしてしまうと、研究の進捗イコール自分の心理状態となって、非常によろしくない。

いい感じのデータを出し終えたので、後は卒論をちゃっちゃか書いて、さっさと院に進むぐらいのモチベです。

 

こういう生き方をしているため、いろんな人から「真面目に頑張りすぎるといつか壊れるよ」というアドバイスを受けることがあります。自分でもわかっているつもりです。無理を利かせすぎるとロクなことにならないのだと。

ですから、研究がいくら楽しかろうと、やはり本業は別のことをしていたいなぁ、と。

 

 

異文化交流の芽が出てきました

研究室には様々な国籍、言語の方々が在籍しておられます。

近い所でいえば韓国、中国、それからマレーシア。遠いところでいうと中東からも。

袖振り合うも他生の縁ということで、お互いの文化を知れたらいいのになぁ、と思い、交流させていただいてます。

韓国語、中国語、それからアラビア語を学習中です。いい感じ。

あとは、ヨーロッパ系の言語を学ぶのに備えて、ラテン語も勉強中だったりします。

意思疎通は実験中を含めだいたいが英語なんですが、英語はただの道具なので、1日1回の英会話程度にとどめています。最近ようやく、英語のフレーズが反射的にちらほら出てくるようになりました。いわゆる「日本語を頭の中で介さないやり取り」です。

自分の成長を実感できるのも、言語学習の楽しいところかもしれません。

 

 

そういうわけで、私はつつがなくやっております。皆さんはどうでしょうか。

また、たま~に浮上するかもしれませんので、そのときはよろしくお願いします。