ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

曰く、オウムの死刑執行さえも安倍首相や政府の「隠蔽」らしい…



あとで読む

f:id:zetakun:20180706160735p:plain

ようやく(全員とは言いませんが)オウム真理教実行犯たちの死刑が執行されたようですね。

平成元年2月に始まった最初の在家信者死亡事件を皮切りに、この国の行く先に対する国民の不安を象徴するかのような「オウム真理教」の騒動、日本を揺るがしたサリン事件、そして一つのできごとのピリオド。

私は元号反対派ですが、「平成」という元号にはじまり平成に終わった社会の闇に、様々なことを考えずにはいられません。

 

今回はその話が本題というより、驚くような(?)ツイート群を発見したので紹介していきます。それだとただのサラシアゲになるので、スクショを貼ってアカウント名やらを全部消して公開、という形にしたかったのですが、どうも著作権やらツイッターの利用規約にひっかかるぽいんで、引用で紹介していきます。

 

一般的な?感想として

まず大多数の(という言い方はしたくないのですが)方々は、この死刑執行に対して「一つの時代が終わったことを象徴するできごとだ」とか「神格化されるから執行はしないと聞いていたが……」とか「こんな事件は二度と繰り返させてはいけない」みたいな感想を持たれると思いますし、事実そのようなツイートは多いです。「死刑執行」とかで検索してもらえればわかるかと。

 

ここでは死刑執行の是非について議論するわけではないので、先に進みます。

 

一部の方々いわく……

 

 

 

 

さらには参議院議員まで。

 

 

モリカケ問題がどーとかサリン事件の被害者心情とか神格化とか、そういう(確かに大事だと思うけど)難しい問題を提起したいわけじゃないんですよ。問題はそこじゃなくて。

なんで「このタイミングで突然に!!政府の陰謀だ!!」って発想になるのかがわからない。反語じゃなくて本当にわからない。

 

神格化云々は抜きにしても、そろそろ平成が終わるんだしそういう議論が出ていることはおかしくはないはずで、また「突然に7人も」と言いはしますが、

死刑に関して 共犯関係で複数の死刑確定者が出ている事例

によれば、共犯関係にいる人達は慣例上、同じ日に執行が行われるので、別に不自然ではないだろうし……。

 

マスコミを政府が都合よく「隠蔽」のために利用しているのならば、もうちょっとうまくやりませんかね……?

 

死刑執行を仰々しく報道する*1ことで、政府にとって都合が悪いことを隠蔽してるんだ!

と、確かにそうやって考えればいちおう辻褄を合わせることは可能ですが、やるにしては大げさと言うかなんというか、やるならもっとコスパがいい方法を取るんじゃないのかな、と。

 

アレですね。9.11テロはユダヤ人が仕組んだんだ!という言論の証拠として「ビルで働いている全てのユダヤ人には最初からテロの旨の通告をしていた」というのを聞いたときのような気持ちです。

いやいや、やるにしても、もうちょっとうまくやるでしょ、っていう。

 

「安倍首相が完全に悪い、何があっても悪い」という考えだから、大雨のニュースもオウム真理教の報道も全部「真実からの隠蔽」になるのかなあ、頭の中で。

 

本当によくわからないんで、ここらへんの方々の心理に詳しい方がいたら、ぜひとも教えていただきたいぐらいなのですが……。

 

陰謀論は無敵である

残念ながら私が陰謀論とやらに抱いているのは「無敵だよなあ」という感想です。

もちろん、悪い意味で。

例えばAという事件が起きたとしましょう。この事件を「隠蔽する」Xという組織があるとします。ただしXはみんながよく知る組織であり、大抵は、何をやっているのかがよくわからないものだとか、権力側だったりします。

 

本当にAをXが隠蔽したかはわかっていません。

が、陰謀論者によればそれさえも証拠になるというらしいのです。

曰く「証拠が出ないのは、AがXを隠蔽しているからだ。よってAがXを隠蔽している」と。

このAやらXに、「アポロが月に行ったのか事件」と「アメリカ政府」を代入したり、「9.11テロ」と「ユダヤ教・フリーメイソン」を代入したりすれば、それだけで立派な(?)陰謀論の完成です。

 

……何がおかしいのかはもうおわかりだと思いますが、証拠が出ないことがXによる隠蔽の証拠になるのであれば、「幽霊が見つかっていないことじたい、幽霊がいることの証明だ」と同じような、もうめちゃくちゃな論理展開が可能になるわけで、そんな都合のいい話、ありゃしませんって。いったん落ち着いて、素数を数え上げましょうよ。

 

結論

365日反政府のことを考えていると、例えいつ執行されてても「問題を隠したがる政府の陰謀」になるのかもしれないが、なぜそう考えるのかの詳しい心理はやはりよくわからない……。

 

追記

マスコミに対する盲信的追従をせよ、ということではありません。

死刑執行のタイミングは置いておくとして、今回の「取り上げ方」は批判されてもしょうがないだろうな、と。

 

 

死刑執行という国家の大きなエピソードを延期できるのであれば、熱中症患者が出てるから延期だ、殺人事件が起こったから延期だ、めでたい正月だから延期だ、結局なんでも言えてしまうと思うのですが……。*2

昼飯は天丼にしよう的なノリで死刑執行日を決めてるわけではないのだし、当然だとも思います。そういう報道のやり方自体は、まあ批判されるだろうなと。

 

オウム真理教の死刑執行に反対しているわけでもありません。

というか、私自身、そもそもそれについての意見は表明してません。

なんでもかんでも反政府に結びつける姿勢が(読んで字のごとくの)疑問なのであって、別にイベントじたいは記号Xでもかまいません。

 

安倍首相や政府を祭り上げたり批判したいわけでもありません。

同上

 

まあこれぐらいかな。追記はさらに増えるかもです。

 

 

*1:「仰々しさ」そのものがマスコミへの批判になっていたりはしますがそれはまた別問題

*2:大雨の被災者を軽蔑しているわけではないのでご理解願います