街ですれ違う人たちを見て、気が狂いそうになる時

たまに、何の用もなく、手持ちぶさたに街をぶらつくことがある。ぶらつくと言っても、自転車でだ。無心で自転車を漕ぐのはとても楽しいし、運動にもなるし、ストレスも解消できる。いいことずくめだ。だが、そんな私には、今まで接してきた友人の誰にも理解されない悩み……悩みではないのだが……がある。信号待ち、「ふと我…