ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

ブログ開始一年か~ 一応振り返ってみるか。



あとで読む

まあ内輪的なというか、自分で完結する記事なので別に公開しなくていいんだけども、ブログ1年を達成した記念としてここに打ち立てたいと思う。大したことは言わないです。「継続は力なり()」みたいなアドバイスもしないつもり。

 

あ、互助って批判が来ると思うけど確かにそう見えかねないので先にお伝えしときます。そう見えます。

嫌になる前にブラウザバックすることをおすすめします。お互いに嫌な気持ちになるのも損ですんで。

 

最近書けてない

あのですね、この1周年記事も、実は投稿の1週間前ぐらいに、テスト勉強とレポート提出の合間になんとか書いたものなんですね。時間がない。

「ブログは1日1記事!」とか言ってる人を見ると、どうやって捻出してるのか、純粋に気になる。理系のしかも割とハナガタな学科だから、宿題とレポートと実験と……いろいろ追われてて、時間がマジでない。

これからもたぶん2週間に1回ペースが続くと思うけど、やめはしないつもり。

 

でも充実してて、どっちかというと「良い」忙しさだと思うな。これがまあ大学とかなかったら確かに暇で楽なんだろうけど、それだと自分が腐っていきそうな気がする。

とりあえず何かしとかないと気が済まないので、これでいいのです。

 

 

ブログを書くようになったきっかけ

なんか前別の記事でかいた気もするけど、とりあえず「自分がどんなことを思ったのか」とかをまとめたかった。思いは言葉に、ってあれ?なんか聞いたことあるな。なんだっけ。

考えたことというのは案外すぐになくなるものである。だから思考をカタチにしなければならない。思考は水物というか水そのものだ。器がなければすぐに地面に吸いこまれてしまう。自分を形成した材料なのに、自分が観測できないようになってしまう。

 

いろんな事情があって(これもいつかお話しできたらなとは思ってるけどリアル友人もこれ読んでるのでわからん)、私は「記憶を失う」ということに関しては、恐らく人よりかなり恐怖感が強い。ものごとを考えすぎるクセによる、というより、その事情によるものだ。

 

もし自分というものをなくしたとき、文章があれば過去の自分を復元できるだろうか?

否、おそらく無理だろうな。偉人の文章を読んで偉人の考えたことを100%復元なんて、できるはずがない。それと同じ。

自分なんてのは書いた文章にさえ現れない。もっともっとふわふわしてて、曖昧で、そして儚くて脆いもの。でもそれでも、全く手がかりがないのと多少あるのとでは、違う気もする。

記憶を失うようなXデーがあれば、だけど。あれば、このブログが多少役に立つんじゃないのかな。友人に「もし記憶を失ってたらこのブログのことを教えて」って頼んでるし。

 

 

どんなことを書いてきたか

私が話すよりも、記事一覧を読まれたほうが早いと思いますが、とりあえず解説。

日頃生きてて思ったこと、単なる雑多な知識、割と体系的な知識、問題提起が多いな。

特に問題提起はなんか、今でもアクセスが多い。具体的な数はめんどいので集計しない。

 

めっちゃ読まれたのが、あの「教室長がぶっ倒れてやめた」って記事か。PCの人はたぶん横にリンク貼ってあるだろうけど。

www.chishikiyoku.com

1日で確か1万5千人の方がこれを読んだ。

 

ぶっ叩かれるかなって思ってたけどそうでもなくて、共感してくれる方がいっぱいいらっしゃったことが嬉しかったし、悲しくもあった。こんな現実が皆さんの周りにも存在するのか……というので悲しい。

これに関しては後日譚があって、結局新しい教室長が正式に決まった。その教室長がめっちゃくちゃ優しい上に仕事バリバリできるから、「この人クレーム対応とかどうしてるんだろ」って思って見てたら、すごいわ。怒りをうまーく発散させて、気持ちよくさせて帰らせてる。

つまり根性論も原因の一つではあったと思うけど、ぶっ倒れてやめてった新卒の先生は、経験が足りなかったんじゃないかなと。

ただ、経験が足りないことが悪いんじゃなくて、経験が足りない人が教室長になっちゃう現状がヤバイのはもちろんのことです。

それはたぶん塾なら慢性的に抱えてることかもしれない。新しい教室長曰く人手不足が激しいらしいし。

 

あとは……

 

 

www.chishikiyoku.com

これも後日譚があって。

結局「エックスをカイと書き間違えたら採点しないぞ先生」のテストで、生徒は思い切って「カイ」を書いたらしい。ダジャレじゃないです。

そしたら採点されないなんて嘘っぱち、ちゃんとマルがついて帰ってきたらしいよ。

よかったよかった。ただ、文字が違うという理由だけで入試がバツになったりはしないので、そこんとこを先生は説明すべきだと思う。

 

さかのぼりまーす。

www.chishikiyoku.com

かつてはてなに、ブタ男さんという一人の勇者、漢がいました。彼は下ネタ記事を書きまくり、警告なしではてなにBANされ、WPに渡って行った……のか?どうだったっけ。

その方の、「凶悪なレイプ犯罪者は、人権を取り上げて、レイプ特区で同じことをされればいいんだ」という記事に、さすがにおふざけが過ぎるなと思って言及した、恐らく最初の言及ぶっ叩き記事。

近代哲学が確立した自由という概念をうまく人権にからめて、わかりやすく説明できた気がする。社会の時間、これをもう一度説明するのがだるいので、塾の生徒に読んでほしいぐらいです。

忙しくて最近は哲学の勉強が捗らない……。

 

で、言及ぶっ叩きといえばこれだ。

www.chishikiyoku.com

いろいろ論理武装してはいるけど、実はモチベの根底は「けもフレを馬鹿にされたこと」だったと思う。見てもないアニメの登場人物の画像を無断で使って(しかもけもフレ公式は予め「二次創作はいいけど二次利用はやめてね!」って言ってたぞ)テキトーなセリフ喋らせてるんだから、そりゃあいい気がするはずがない。

 

まあその後生みの親に潰されることになるとはだれが想像しただろうか。二期絶望的ですかね……?

 

で、そのけもフレをばかにした某氏は、垢BANとはいかずも、ブログを警告なしで非公開にされてしまったらしく、それがやはりジャニーズの岡田准一の画像無断使用によるものだったのは面白い。今はWPでやっておられるそうです。互助会の皆さんがブクマしなくなったのはちょっと笑ったけど、お元気で。今はもう憎んでないですよ。

 

最近とみに思うのは、これ。

www.chishikiyoku.com

あのね、「あなたのためを思って言うけど、」って前置きしながらボロクソいう人って、結局その人のこと思っちゃなんかいないんだ。自分が気持ちよくなりたいから言ってるにすぎない。

本当に思っている人なら、「どんな風に言えばちゃんと伝わるかな」ってところまで考えながら言ってるので、ボロクソ言ってくる友人がいたら、はやめに距離をおくことをお勧めします。

そして大抵の人は「直接的に言うとかえって伝わらない」ことを学んでいるので、婉曲的に伝えてきます。それが大人です。

 

中身が幼稚だから、思ったことを我慢できなくて(あるいは「気づかう」のが面倒で)そのまま言ってしまう、大人になりきれてないかわいそうな人だと思いましょう。そしてまた、「自分は絶対にこんな奴にはならないぞ」と、反面教師にし続けてください。ところかまわずオシッコする人がいたら「やべえ」って思うでしょ、それと同じです。

 

って過去の自分に伝えてあげたいですね。

 

知識系の記事でいえば、

www.chishikiyoku.com

はかなりいけたと自負している。関数なる抽象的なものを、どうやったらわかりやすく説明できるか、時間をかけた。

中学というのは、今まで具体で許されたそのほとんどが、形をなくし、より高度にメタ的になる過程である。だから、中学校の数学でつまずいちゃった人は、それからも抽象化についていけなくなることが多い。

その事実について、先生は本当にちゃんと説明してるのだろうか?と疑いたくなる。

 

 

まあこんなもんかね。

 

振り返りとしてはこれで終わり。

 

交流してきた人とか

これも紹介しときます。ブログを書く上で孤独と戦い続けるのは必須、仲間がいないと厳しかった。まあ私2週間に1回しか書かないのであんま辛くないけど。

 

www.weblogian.com

まずははてなのおっさん枠、id:gundamoonことガンダムーンさん。めっちゃ初期のころからお付き合い?交流してました。

ガンダムの人か……から、下ネタの人か……、最近は、苦労されてる人だな~に変わってきつつある感じ。

ブタ男さんとのシモなやりとりが面白かったけど残念ながら……ですね、はい。

やり取りは今でもスクショ撮って保存してますよ。

なんかでも、遠い所に行ってしまったなあって感じ。すっかり人気ブロガーの一人ですね……。

 

www.shibainu-sakura.com

なんか最近500記事達成されたらしいですね。500も書くことあるかな~すげえって感じ。もともと成人女性の設定で書いてたけど、実は中学生でした~だっけ。いや中学生がこんな文章書けるのかよ!って感じ。

ツイキャスも始められたみたいですね。いつかコラボできたらいいけど、地声がでかいんで無理かな。委縮させてしまいそうです。まあまた参加します。

動物に対してどう思ってるか、というのは、いつか言及してお尋ねしたいところ。

例えばYoutubeのコメ欄によくある「ゴキブリだって命があるんです!!」みたいなのに対してどう思うかとか、ねえ。皮肉とかじゃなくて、純粋に興味がある。

えすさんも遠くに行っちゃったなあ、って感じ。すっかり人気(ry

 

他に紹介しきれないけど、ヒャッハー委員会のメンバーの皆さんとかid:minoruharuさんとかid:brobroskiさんとか、およそ同期で始められた人で、今でも続いてる方々には、ほんと勇気とモチベを頂きました(頂いてこの結果かよ、というのはごもっとも)。

www.minoruharu.com

brobroski.hatenablog.com

 

はあ疲れた。こんな感じですね。じゃあまた。テスト勉強に戻りますね。