読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

当て逃げしたノンスタイル井上さん。残念です。



あとで読む

f:id:zetakun:20161213005403j:plain

なんかタイトル、煽っちゃってますね。ファンの方申し訳ないです。

まあ面白くて私も好きだったので、残念なのは同じですが……。

this.kiji.is

これはまずいですねー。何がまずいのか。

普段はニュースとか扱わないんですが、結構彼のこと好き(芸人として)だったので、まとめてみましょう。

 

事故の状況

被害者はタクシー運転手。12月11日、午後11時過ぎ、走行中のタクシーの前に無理に割り込んだことにより衝突。運転手は首や腰に軽傷を負ったという。

しかしぶつかった旨を報告しなかったため、「当て逃げ」となる。

後日(おそらく、タクシーについていたドライブレコーダーから)車種やナンバーを特定、彼の車だとわかった。

彼は当て逃げを認めた。

当て逃げとは?

そもそも当て逃げって何でしょうか。当て逃げについてまとめ、その罰則についても調べてみました。

皆さん当て逃げしたことあります?

ここだけの話、私あるんですよ。

私が小学生の頃、自転車を漕いでました。ちょっと狭い路地裏から出たとき、死角になっているところに車が停まっているのに気づかず、後ろをちょっと擦ってしまいました。

本当は親に報告するべき(というかしなきゃいけない)なんですが、ばれるのが怖かった私はそのまま逃げてしまいました。

あの時の運転手さん、ごめんなさい。

これが当て逃げです。自転車といえど軽自動車にカウントされるので、当て逃げにはなります。よくある当て逃げとしては、

  • 点数がもうねえよ……逃げちゃえ!
  • バックしてたら後ろに車がいることに気づかず、ガン!(もしくはガガガ!!)まあいっか。ばれなきゃ。
  • 横の車のミラーに衝突!!でもばれないだろうからいいか……

ひき逃げとは違い、なかなか検挙されないのが事実ですので、(というか、ぶつけられても被害側が諦めるのもあるのかもしれません)周りに誰もいないうちにすぐに立ち去ればばれにくいでしょう。

ただ、向こうが本気を出し、交通事故専門の弁護士やら探偵やらを雇えば話は別です。

結局逃げないほうがお得ですね。

 

ですが、今回のようにナンバーを見られていては絶対に無理です。

見つかって検挙されます。

警察には当然、ナンバーを打ち込めば誰の所有がすぐわかるシステムがありますから、誰かが事故を見ていた場合は逃げないほうがよいでしょう。優秀ですね。

ちなみに検挙とは……警察が犯罪の被疑者や、その行為について特定することを指します。法律用語ではないので注意。

 

当て逃げの罰則について

ではどういう罰則があるのでしょうか。

まず、一発免停。これは確実です。ばれれば。

まず基礎点数として安全運転義務違反。日本では年間で数十万の事故が起きていますが、このうち70%以上は安全運転義務違反で引っかかってます。

道路交通法では以下のように定められてますね。第70条です。

 

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

 

 ですから、これを守れなかった・守らなかった場合、安全運転義務違反というものに引っかかることになります。そして具体的には7つの事柄がこれにあたります。

前方不注意(前をよく見ていなかったせいで事故を起こした)、安全速度違反(俗に言う速度違反とは違い、規制速度内ではあるが、状況から鑑みるに危険な速度だった)、予測不適(相手の車の動きを予測した動きを取れなかった)など。

これだけあれば、確かに70%以上が引っかかるのもわかります。今回の事故でいえば

無理に割り込んだ(とされている)から、

予測不適 か 安全不確認

が当てはまるんですかね。

 

危険防止措置義務違反

ですがこれは基礎点数。つまり、事故の大きさによっては基礎点数にさらに点数が加点されます。

当て逃げの場合、さらに

危険防止措置義務違反

という項目の点数が加点され、これは5点。

これは簡単に言えば事故が起きた際に行わなければならない措置を怠ったとするものです。これは皆さん覚えておきましょう。

まず、「運転の停止、事故状況の確認、負傷者の救護」

つまり、当ててしまった場合は速やかに車を路肩や車道外側線にとめ、事故がどういう状況か確認。その後、当てられた方のところへ行き、けが人がいればすぐに救護。

意識はあるか、出血していないかなどを確認し、救急に伝えるとともに、応急処置をする必要があります。

その後、「道路上の危険の除去」

事故が後続してしまうのを防ぐため、車内に常備しているであろう三角停止表示板を置き、ハザードランプを点滅させます。忘れがちですがこれも義務です。

そして警察へ報告。

人身か物損かにかかわらず、また規模にかかわらず、どんな場合でも報告しなければりません。

応急処置だけやって、負傷した人が「もう大丈夫だから」と言ったからといって立ち去ってはダメです!

これもやはり当て逃げ・ひき逃げになってしまいますので。

つまり、ノンスタイル井上さんの例で考えれば、まず基礎点数、安全運転義務違反の2点分と付加点数5点分、危険防止措置義務違反が課せられ、合計で7点。

6点で免停ですから、一発で免許がなくなってしまいます。

もしちゃんとした措置をとって、警察に連絡していれば、もっと罪は軽くなっていたはずなのに……。

 

なぜ逃げたか

これが一番のナゾなんですよね。彼自身、飲酒運転を嫌っていたみたいですし、タクシーにぶつかったことも、今のタクシーにはほとんどドライブレコーダーがついていることも、芸能人が当て逃げをしたとばれたら印象は最悪になることも全部知っていたはずです。いや、そもそも。

本当に心がイケメンなら、

ちゃんと警察に報告すると思いませんか?

ですから、たぶんばれてはいけない……警察が来るとまずい状況だったんでしょう。これから先を考えても下衆の勘繰りにしかならないのでやめておきますが、ネットでは「酒飲んでたんじゃね」とも。

ですが、日本の警察は優秀ですから、飲み会があったかどうかまで特定しますよ。ばれるのは時間の問題でしょう。

なんか、彼のことを結構芸人の中でも気に入っていた分、とても残念です。

ファンの方はもっと悲しいでしょうね。

 

この事故による影響

ですが、事故で一番困るのは周りの芸人、そして正月用の特番を撮り終わったスタッフたちでしょう。当て逃げをした芸人をテレビに出すと局のイメージはガタ落ちですから、これから編集が忙しくなるのか、それとも撮り直すのか。

ご愁傷さまです……スタッフの皆さん。