ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

はてなブックマークのコメントが辛辣に見えるのはなぜか



あとで読む

 というようなことを聞いたので、ちょっと考察してみたい。

 

大事なのは、否定から入るかどうかが重要なのではなく、否定的に見えるかどうかが重要ということ。なぜなら、「否定から入る」はてなユーザーが多いかなんて観測しようがないし、そんなことをしても「結局少数派多数派の問題やんけ」で片付けられてしまうからだ。

 

 

あくまで私は、「はてなが辛辣なプラットフォームだ」と(一般的に)言われている理由を解析してみる。

そこで議題というか題目を変え、「はてなが辛辣に見える」(≒コメントが否定的に見える)とされる理由について、考えていきたい。

 

比較対象は他のSNS。TwitterだとかFacebookだとか。

これは「はてなは辛辣だ」という一般論の背後をもとにしている。

ネットの多くの言論が現実のそれに比べ辛辣で本性にまみれているのは認めよう。しかし、それだけではわざわざ「はてなは」という必要性がなくなってしまう。

あくまで、他のSNSと比較して、コメントが否定的に見えるから、みんな辛辣だというのだろう。

 

これを前提として考えて行こうと思う。

 

 

辛辣になりやすい特徴で、なおかつ他のSNSがあまり持っていないのは、主に三つ四つ(追記 id:daichirataさんからのナイスツッコミです ありがとうございます)。

 

1、吐き捨てやすさ(交流のしにくさ)

2、同意ボタンのみの実装

3、独特の「目立ちやすさ」

4、厳しい字数制限

 

だ。それぞれ見て行く。

 

吐き捨てやすさ(交流のしにくさ)

そもそも論として、はてなブックマークはあまり交流が得意なつくりではない。

 

ブログを書けば確かに交流はできるが、ブックマークのみで情報をやり取りするとなるとかなり厳しい。

なぜならブクマは基本的に「吐き捨て」だからだ。

 

f:id:zetakun:20170729091232p:plain

(ニセ科学批判のレッテルを貼られブクマで個人攻撃されたid:zetakun(私)の図

id云々さんブーメラン刺さってますよ)

 

 

ブクマに対する返信をしたいならば、改めてidコールをして、相手に読んでもらうしかない。

しかもその際、とれるのは「以前のブクマを消して新たに書き直す」か、「メタブタワーをつくる」ぐらい。

以前のブクマを消せば、どういういきさつでけんかになったのかがわからなくなる。

かといってメタブだって、回数に制限がある。

 

 

それもそのはず、名前からして本来は「ブックマーク」すなわち「しおり」の役割しかないのだ。しおりに自分用の短いコメントをつける……という用途なのだろう。

 

 

返信されないことがわかっていれば、確かに好き勝手言える。反論の心理的抑圧が小さいのだから。だからプロブロガーと呼ばれる人なんかには、毎回批判の範疇を越えた、人格否定が来ることもある。

 

 

同意ボタンのみの実装

仮に「ブラックスター」なるものを実装したとしよう。ブラックスターは「よくないね」を表す。

 

炎上商法をやりまくったブロガーの記事に「ブラックスター」がたくさんつく。

気持ち悪いブコメに「ブラックスター」がつく。

 

 

そんな条件で書こうとはあまり思わないけど、たまーに「ブラックスターの実装が待たれる」みたいなブコメを見ることがある。

idウンタラ氏により提唱されたらしい。調べてみよう。

(追記:てか以前実装されたらしい。id:houyhnhmさん、id:yogasaさんのブクマ曰く。お二方情報提供感謝します。

http://urx3.nu/FcaJ

http://urx3.nu/FcaM

から「実装されてない」と思い込んでいたが……恐るべし。

ただ書き換えがめんどいのでこのまま、追記というカタチにした)

 

だがまあ、現状、意見に対する反対がしにくいのだ。

手軽に反対の意を示すボタンがない

 

「反対するためには直接言うしかない」ことも相まって、ことばが殺伐とするのだろう。

 

twitterでは「引用リツイート」という機能がある。ツイート主にも通知が飛ぶし、TLにも流れるから、反対意見を示すにはもってこいかもしれない。

 

(晒しあげスターなる手段もあるのだが、あまり認知されていないようだ)

 

ただ、今はだいぶ穏やかになっているらしい。それこそ10年前は、idコール付きでブクマ同士の批判合戦が横行するぐらいには、手斧ヒャッハー的土壌だったとか何とか。

 

ブラックスターが実装されたら……。うーん、いやだなあ。なんか。

 

独特な「目立ちやすさ」

ブックマークは基本的に記事につく。

そして、ブックマークがたくさんついた記事は、はてなブログやブックマークのトップに掲載され、より多くの人間が見ることになる。

 

一つの記事の中でも、「はてなスター」がいっぱいついたブックマーク(言い換えれば、みんなが同意したブックマーク)は、人気ブックマークとして先頭のほうにあがっていって、やっぱり多くの人間が見ることになる。

 

「目立ちやすさ」の点において、そういう二重構造があるということ。

 

これが何を意味するか。

 

つまり、「なんやこれ、変やなあ」と思った記事、「賛否両論ありそうな記事」のところに行って、的確な反対意見(たまに人格否定も入るけど)を書けば、自分のところにいっぱいスターがつくかも!ということ。

 

 

スターをもらったところで円にもならないが、「自分の意見が世間に認められている」という快感を得ることはできる。それはお金では得られないものだ。

 

さすがに、スターをもらうためだけにブコメする人間はいないと思うが。

 

残念ながらというべきか、だいたいの人気ブコメが批判なのは、「人間が減点主義の生き物である」という事実を強く示唆している。

揚げ足とまではいかなくとも、的確な何かを言うことで、自分のブクマに星がつく。

経験したことのある人ならわかるが、あれは確かに気持ちいい。

スターください。

 

厳しい字数制限

SNSに分類されるブクマだが、その字数制限はけっこう短い。わずか100字。

twitterが140字、マストドンが500字(だっけ?)、Facebookはもっと長かったはず。

 

これが何を意味するか?

「通常なら入れる『緩衝材』が入りきらない」ということ。

 

例えば普通のメールなら、

最初のほうに

「検討してみましたが」「非常に素晴らしい意見だと思われますが」「いいと思うけど一つだけ言わせて」

みたいな、自分の意見の尖りをできるだけ目立たせないようにする、クッション的なものが入ってくる。それは相手を気遣った結果のもの。

しかしブクマは字数制限が厳しいため、そういうことばを入れる余裕がない。

 

例えば、

「あなたの考えは非常に参考になり、私としても学ぶところの多い記事でした」

なんて書いた日にゃ、それだけで34文字使ってしまう。勿体ないので、

「(ですが、)男女差別は無知によってのみ引き起こされるという意見は少々疑問かと思われます」から書き始める。そういうとき、「かと思われます」を削る人もいるので、断定的になりがち。

なんとなく反対ばかりされているような印象を受ける。

 

結果、厳しい意見が凝縮されて伝わるように見える……と考えられる。

 

 

ただ、以前別の記事で書いたように、

 

www.chishikiyoku.com

 

最近はだんだん「参考になりました!」「楽しい~!」みたいな、「それ100字全然使ってませんやん」みたいなコメも見受けられるので、土壌も変わりつつある、ということか。

 

付録:「ダブスタだから」は少々疑問…

こういうとき、「はてな民はダブスタだから」という理由で辛辣さを説明しようとする人がいる。(ダブスタ……ダブルスタンダード)

 

つまり、はてな民は常に正しいことしか言わず、

「味覚なんて人それぞれだろ」という意見を言ったかと思うと、

「米が嫌いとかどんな育ち方してんだ」という、みたいな。

 

だが、これは少々乱暴なんじゃないかなと考えている。

はてな民とひとくくりにしてはいるが、右も左も、上も下も、それこそいろんな人間がいる。別の人間が言うことをくくって「ダブスタだ」は、少し乱暴な気がする。

 

 付き合い方は「一長一短」を見越して

であるから、ブックマークのコメントが辛辣だ!って意見は結構納得できるけど、それは、以上に述べた理由から、ある意味当然なのかもしれない。

 

嫌なら出ていけ!!なんて寂しいことを言うつもりはない。

合わないなと思ったら、付き合い方を変えてみるのもいいかも。

例えば、脳内で勝手に『緩衝材』を補ってみて、「まあそんなに反対してねえよな」って思ってみるとか、明らかな人格否定には付き合わず、粛々と通報するとか。

あまりにひどいなら、一度idを言及して、「何かあるなら直接コメ欄へ!」って注意するとか。

 

 

今までの4つは、良い所でもあり、悪い所でもあるのだ。

 

所詮はSNSの一つであり

「こんな えすえぬえすに まじになっちゃって どうするの」的なものでしかない。

どう付き合っていくかは、自分次第である……という、当たり前の結論で締めくくりたいと思う。

その上で、自分に合った使い方が見つけられれば、それでよいのだ。

 

 

私の使い方を紹介してみる。

まず「ホッテントリ汚すな」という方がいらっしゃるが、私はそもそもはてなの一般的キュレーション方法を頼っていない。

ブクマはどんなブクマも1ブクマに過ぎない。内容の薄いエントリ、極端な意見のエントリが来ることもある。

 

だから私は、「これは!!!」と思ったブクマカーさんをお気に入り登録し、そこから遡っていろんな記事を読むようにしている。

 

初心者?なら、とりあえずシイタケの方…id:wattoさんを登録しておけば間違いないだろう。コメントから博識さが見える上に、ブクマページも多岐に及ぶ。

 

あくまで「面白い記事を探すため」のはてブであり、交流だとか、吐き捨てを目的にしてはいない…という接し方である。

皆さんもぜひやってみてほしいと思う。