ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

【自己満】乞食&質問箱&寄稿始めました。



あとで読む

読んでもらうとかそういうのじゃなくて、完全に、かんっぜんに自己満足で書いてますので、誤クリックして興味がない方はここでブラウザバックお願いします。

読んだ後から互助会とか言われても知りませんからね!!ぷんぷん!!

 

まず、新年です。

まず、新年です。2018年。

新年なんですよ。

だから何か新しいことを始めたいな、と思ったんだけども、あいにく多忙で新しい分野に手を広げる暇はない。あるけど。してるけど。

 

乞食始めました。

ネット上で始めることといえば、「一周年になったらやってみようかな」と前々から考えていた乞食行為。

他人からプレゼントを恵んでもらう、……これを美化できないことはないが、思想の根っこの根っこが無骨な私にしてみれば「乞食」以外のことばで形容できないのである。

 

言い訳になるがこの世の中はめぐり逢いでできている。私の好きなアーティストである某シャブアス氏も、こう書いている。

恋で泣かした人と 恋で泣かされた人

同じ罪を振り分けてもいいね

(CHAGE&ASKA 『めぐり逢い』より)

 

あれ、何の話だったっけ。タイトルがめぐり逢いだったから適当に引用したけど、何が言いたくなったかわからなくなった。まあいいや。

以前、他のブロガーさんが公開していた「欲しいものリスト」から、そのブロガーさんにプレゼントをしたことがある。

もちろん匿名で、であるが。

あの快感は、したことのある人にしかわからないものに違いない。「きっと喜んでもらえるだろうな」「びっくりするだろうな」

世の中すべてお金なんだとは言うが、お金を稼いでいる「だけ」では得られない快感を、欲しいものリストは与えてくれているのである。それを 所詮は自己満足だろう? と相対主義的に見下すのも自由ではあるが、あの歓びはぜひともみんなに味わってほしいと思う。

 

プレゼントというのは、貰う側も与える側も気持ちが良いのだ。

以前「クラ交換」についての話を、この記事にてした。

www.chishikiyoku.com

貝殻でできた首飾りや腕輪を、島々で交換し合う!という風習だ。

 

(中略)

腕輪もまた、いろんな村を巡り廻って、最終的に手元にかえってくる。

 

人間の本質は「交換」なのである。自分のお金が減るとか、自分の財産がとかそういうことは考えずに。ただ交換したいから交換する。その途中で、きっと交換することに対する歓びとか、快感みたいなものが生まれてきたんじゃなかろうか。

そういった交換の中に、プレゼントはある。

善意のめぐり逢い、流通によってこの世の中が成り立っていると言っても過言ではない。*1

 

であるから、そういう快感に対して正直になるのは、決して悪いことではないと思う。

自分に酔ってるだけとか自己満足だと言う人だって、誕生日プレゼントの一つや二つを相手にあげて喜んでもらったことを、覚えているのではないか。

 

こじきだっていいじゃないか。にんげんだもの。

 

というわけで、はい、ドーン!!!

Amazon CAPTCHA

 

これが私のほしいものリストです。今のところ全部本、本、本だらけ。

f:id:zetakun:20180114210546p:plain

 

横のほうにコメントとして、どんな本であるかの紹介が載っているので、例えば「都市伝説について書いてほしい!!」と思ったら、これを買う……みたいにしてほしい。

どの分野も貪欲に学習し続けており、今のところ高校卒業程度の知識は(理系、文系ともにある程度は)あるので、「この分野の記事を面白おかしく書け!!」みたいな要望があれば、次に紹介する質問箱にて、どしどしお願いしたい。こじk……欲しいものリストにも変更を加えたいと思う。

 

プレゼントは匿名実名構いません。もらえるだけで嬉ションして喜びます(嬉ションはしませんが需要があれば画像うpします。嘘です。)

 

質問箱始めました。

なんか最近流行ってるみたいだな、という「最近」が何か月前かはわからないが、いよいよ質問箱に手を出してみたい。

peing.net

 

Twitterをしている方ならだれでも「匿名で」質問をすることができる、という素晴らしいサービスである。当然ながら誹謗中傷になるようなことはやめてほしいと願っているが、可能な限り質問に答えたいと思う。

というのも、今までTwitterなどを用いた交流は「互助的にならないだろうか?」として敬遠していたが、1年やってみて「たぶん自分ならイケる」という自信が生まれたからだ。

 

『馴れ合い』にしても、ブックマークで馴れ合う気はサラサラなくて、あくまでツイートかブログに留まるだろうと思う。

特に「これは!!」と思った質問があれば、記事でも取り上げるが、いかんせん匿名制での質問なので、馴れ合いにもなりえないだろう。*2

あまりにひどい質問は晒しあげて祭りにしますよ!!(笑)

 

寄稿始めました。

とはいえ、私がどこかに行って何かを書く、というような形式ではない。

私のスタンスとしては「書きたいときに書きたいものを書く」なので、お金をもらって何かを書くとなれば、そこにクオリティの担保をする必要が出てきたりして、好き勝手書けなくなるであろう、ということを危惧している。

 

逆です。逆。

 

つまり、親しい人にこのブログの一部の権限を与え、「記事を書いてもらう」という形になる。

しかしさすがに「顔と本名を知らない人」に権利を渡すのも怖いので、友人、というか親友のみに限定しようと思う。

今のところは一人しか見つかっていないが、数学・物理方面に(私以上に)ガチな友人がいるので、たとえば集合論の基礎だとか、五次方程式の解の公式導出の不可能性だとか、確率論だとか、一般相対性理論だとか、素粒子の話とか、超ひも理論とか、そういうものを記事としてアウトプットしていただきたいなという感じである。

レベルの高い話を求める人達の需要を満たせれば、という欲だ。

まだ話し合いの段階なので、お楽しみに……というところ。

 

互助は始めません

長らくお付き合いの方ならお察しいただけると思うが、このブログのスタンス的にも私の性格的にも「互助営業活動」なるものには、手を出すつもりがない。

たまーに、営業目的のブクマがつくことがあるが、私は残念ながらお返し目的のブクマは絶対に行わないので、そこんところを了承いただきたいと思う。そんな気持ちでもらったブクマなんて、本当に嬉しいのだろうか?数字に魂を奪われてしまっているのではないか?

 

一方で「自分に対する互助批判」については、厳しく対処したい。憶測と偏見で、ただ記事を読んだだけで、ブコメ欄を一目見ただけで「互助乙」と批判?してくる輩もいるが、私は自信をもって「互助営業に手を染めたことはありません」と断言できる。

私を互助で追及したいなら、目に見える形にそして客観的に正しさが担保されたものにして、データとともに持ってきていただきたいと思う。その上での批判なら受け付けるが、そうでない場合はただの風評被害であるから、何かしらの行動を起こすつもりである。

 

そういうのはここにも詳しく書いてるので、ご覧ください。

ぜーたさんのプロフィール - はてな

 

 

以上、「今年始めてみました」の記事であった。

*1:と言いつつ、お年玉をあげる立場にそろそろ回るのも、辛いものであるが

*2:逆に言えば、取り上げられたら困るような質問をしていいかどうか、送る前によく考えましょう……