ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

高橋優「明日はきっといい日になる」の歌詞を解釈した



あとで読む

f:id:zetakun:20161218215731p:plain

追記(2016年12月18日):画像を追加しました。

 

www.ikigaisagashi.com

読んだら結構面白かったので言及させていただきます。

面白いって感性ほど好みがわかれるものってないですよね。

私はこの歌……明日はきっといい日になる

ですっけ。結構好きなんですけどね。

そういうわけで今日は歌詞の解釈をしていこうかなと思います。これもやっぱりいろんな知識が必要だったりするわけで。いずれそういうのも。はい。

 

 

www.uta-net.com

くたびれた顔で 電車の中揺られてる人を見た

勇気振り絞って 席をゆずってみた

「大丈夫です」と 怪訝そうに断られたそのあと

きまり悪そうに 一人分空いたまんまのシート

 

まあいっかと割り切れなければ とっておきの笑い話にしよう そうさ

id:butao_oさんの記事では、

この話のどこが面白いのか?そんなに面白くねえぞ?

と書いてありましたが、(もしかしたらそれ自体が一種の冗談かな)

私はきっと「本当に面白いから」この話を取り上げたんじゃないだろうな、と思います。

席を譲ったのに座ってくれない、という体験をしたことがある方ならわかるでしょうが、アレ、すっごく恥ずかしいんですよ。(だから、譲られたら座ってあげてください)

つまりですよ、この話ってのは本当は失敗談であり、誰が悪いわけでもない、ただお互いの思いのすれ違いによって生まれた(一方的)羞恥心の話なのです。

こんなことってよくありますよね。店員さんの声と自分の「レシートいりません」の声がかぶってなんとなく恥ずかしくなったとか。

それを笑い話に転化してしまおう、という思いを感じます。

なぜか?それは後ほど歌詞で語られるのですが。とりあえずとっておきの笑い話というのは「本当にこのエピソードが面白かったから」そうしたのではない、ということを覚えておいてください。

 

最後、「まあいっかと割り切れなければ」という条件指定がされています。なぜでしょうか?

それはたぶん、人間が失敗を忘れにくいようにできているから

だと思われます。失敗というのは恥ずかしい。恥ずかしいことは人間どうしても忘れられないものです。どうしても家に帰って、お風呂で、ベッドで、うじうじ考え込んでしまう。それを「まあいっか」と楽にとらえることができる人ならまだしも、自分はそんな人間ではない。

だから、半ば自虐的な意味もこめ、とっておきの笑い話にしてしまおう。失敗したことを悩むくらいなら、自分から打ち明けてしまおう。

そういう人生の対処法……上手な処世術を教えてくれているのです。

 

ちなみにこの4行の最後の部分ですが、最初の2行は「みた」で、次の2行は「あと」「シート」で韻ふんでます。リズム感を同時に出してますね。

 

明日はきっといい日になる いい日になる いい日になるのさ

笑い合えたらいい日になる いい日になる いい日になるでしょう

 

 この部分、歌詞では何度も出てくるし、盛り上がるところです。つまり彼の主張はここにあるというわけ。

席をゆずるのに失敗した話も、笑い話に変えていこう

そうすればいい日になるはずだ

と言っているんですね。すごくポジティブです。

これを笑いの転化作用と呼ぶことにします。

ちなみに。

「まあいっか」のところでも利用したこの話ですが、カンのいい方ならお気づきでしょうが、

別にこれ、席をゆずるのに失敗した話じゃなくてもいいんですよ。このエピソードが象徴しているのは、「失敗体験」「立ち直ることの大事さ」(笑いの転化)であり、もっと言えば人間関係の行き違いが生み出した奇妙な失敗……それに由来する一方的な羞恥心(恥ずかしさ)。

席をゆずるという「思いやり」が相手からの無理解により突如として「意味不明な行動」(理解不能な行動)に変わってしまう人間関係の妙を、席をゆずるのに失敗したという身近なエピソードに乗せ軽く歌っています。つまり、このエピソードをもっと抽象的にするなら

人間関係における失敗(思いやり→無理解→羞恥) 

→ 立ち直ろう(羞恥→笑い)

※この一連の流れで笑いの転化作用が起こっている

 

という変化が起こっているエピソードということになります。この条件を満たすものなら何でもよいのだから、別に席をゆずる話である必要はないはずなんです。

実際は必要です。後ほど述べますが。

2番にうつります。

大好きな人と会えなくなった時から

心の中にも ポッカリ空席が出来たまんま

悲しみはいつも 突然の雨のよう

傘も持たずに 立ち尽くす日もある

 

振られて踏まれて地は固まる そこに陽がさせば虹が出る そうだ

 さきほど「席をゆずるエピソードである必要がある」と述べました。これは当然、座席の話が2番にかかっているからです。

「心の中にも ポッカリ空席が出来たまんま」とあります。1番の転化作用はまだ起こっていないみたいですね。この時点では。大好きな人との連絡がとれない日ってめちゃくちゃ落ち込みますよ。しかも当然前触れはないわけで。それを「突然の雨のよう」と表現していますね。

転化できないのも無理はない。

たぶん、2人の間には1番でいうところの失敗エピソードと同じことがあったのでしょう。(これは完全に推測にすぎませんよ)

人間関係における失敗(思いやり→無理解→羞恥)

これです。

2人の間にこの失敗があって、いつの間にか連絡がとれなくなっていた。

自分から何か言っちゃったんでしょうね。彼女はそれに無理解で、2人は気まずくなっていった。自分はなんとなく恥ずかしい。

こういう失敗があり、さらに彼女と連絡がとれない。二重にショック。それでも

振られて踏まれて地は固まる そこに陽がさせば虹が出る

雨降って地固まる、ですか。それでも彼は失敗を転化しようとします。太陽を探すのです。街の色を奪って通過していく雨だって、いつかは上がって虹になるのです。

もしかしたら「振られて」はフラれてのことかな。それとも(雨に)降られて かな。

両方かもしれません。

 

十代ほどの 手をつないだ二人が乗ってきて

一つ空いた席を譲り合い笑ってる

思い通りの人生じゃなくても それも幸せと 選ぶことは出来る

 

まぁいっかと割り切れなければ とっておきの笑い話にしよう

十代の2人に自分ははっとするわけです。幸せってこんなところに転がってたんだ、って。自分の思い通りにいかない人生を嘆くんじゃなくて、そこから幸せを見出していこうとする。

つまり、意識の転化がここでも起こっていることになります。

これはB'zの「いつかのメリークリスマス」とも似ていますね。最後に自分の境遇を他の誰かに重ねて歌を終わらせる方法(この歌は最後にサビが入ってますが)。

 

僕は走り 閉店まぎわ 君の欲しがった椅子を買った

荷物抱え 電車のなか ひとりで幸せだった(これは一番)

 

立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に

通り過ぎる 荷物を抱え 幸せそうな顔で(これは最後)

 これです。

一つ空いた席を譲り合う……そういう何気ない幸せに注目するのもいいよね、と最後に述べていることがわかる。

失敗を笑いに転化するのも大事

当たり前のことを幸せに転化するのも大事

と。だからこれはそういう前向きな歌なのです。ぽじてぃぶしんきんぐってやつ。

ぜーたおじさん私はネガティブなのでよくわからんが。

 

 

 

 結論:いい歌。

皆さんもぜひ聴いてみてくださいね。