読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

日本語=曖昧な言語 とかいう誤解はやめてほしい

言語・言語学


あとで読む

日本語は曖昧な言語なのか?

f:id:zetakun:20161217123942p:plain

理系ですが言語にも興味のあるぜーたです。とにかく何でも興味だらけなのです。 久々に知識っぽいこと語っていきますよ。

今日は日本語の話です。

私はウナギにみる「省略」

日本語は英語のような言語と比べると、曖昧なところが多い言語であると言われます。

なぜでしょうか。

これは有名なたとえ話なのですが、料理屋に行ったとき「私はウナギを注文します」ではなく、「私はウナギだ」と言えることが、日本語が曖昧な言語であるという証拠になっています。

アレですよ。私はとりあえず生 と同じ。

もっと曖昧な例を出しておくと

 

「もうお時間です」という文章です。もうお時間の主語は何なのでしょうか。英語に直すならば絶対に表現を変えなければ伝わらない文章ですね。なんていうんだろう。"Time's up."かな。

このように、日本語の特徴はまず

「省略」

にあると言われます。

先ほどの文章にいろいろ補うならば、

「もうお時間(のほうがせまってきていますので、そろそろ終わりにしたほうがいい)です」と、かなり情報が省略されてますね。

「私はウナギ(を頼みます)」も同じ。省略が起こっています。

日本語に省略が多いという風潮については私言質とってるんですよ。いろんな留学生にきいてきました。みんながみんな「日本人と対等に話すには、省略を見抜いて行間を読まなきゃいけないから大変だ」なんて言ってました。

だから、とりあえず特徴としてカウントしときます。

 

思います にみる「曖昧さ」

以前英語の先生(アメリカ人)がこう言ってました。

どうして日本人はすぐ"I think..."と言いたがるのか

と。これをきいて私ははっとしました。いえ、他の人も驚いていました。

日本語で自分の意見を主張するとき、特にリアルタイムで、自分の声で意見を述べるときは、だいたい「~と思います」「~と考えられます」「~なのではないでしょうか」という。

これをそのまま英語にして"I think"としていたのに、そのネイティブの人から

「それは不自然だ」

という指摘を受けたのです。つまり逆に言えば、アメリカ人はあまり「~と思う」と言わないんでしょうね。なんだか日本語が

曖昧な言語

だといわんばかり。それもそのはず。日本人は昔から思い切って意見を言う国ではありませんでした。「和を以て貴しとなす」が誤解されていることからもわかりますが、自分の意見を直接持ってくると角が立っているように見えるので、みんな敬遠するんですね。そういうわけでなんとなくはぐらかすような言い方になってしまうのでしょう。

「語順のなさ」

 これもよく指摘されます。英語は語順をばらばらにしてしまうと意味が通じなくなりますが、日本語だとそういうことはない。

ネコがネズミを食べる。

(The cat eats a mouse.)

という文章を文節レベルで分解すると、

ネコが/ネズミを/食べる。

ひっくり返し方には6通りあります。

  • ネコがネズミを食べる。
  • ネコが食べるネズミを。
  • ネズミをネコが食べる。
  • ネズミを食べるネコが。
  • 食べるネズミをネコが。
  • 食べるネコがネズミを。

 どうですか。わかるでしょう。

日本語は比較的語順が自由な言語です。

しかし英語ではそうはいかない。

The cat eats a mouse.

これをひっくり返しちゃうと意味がわからなくなるどころか、逆になってしまいます。

A mouse eats the cat.(ネズミがネコを食べる)

そして、この語順のなさを「日本人の主体性の無さ」につなげるような言説もたまに見受けられますね。

 

以上が日本語に対して「日本人が考える」特徴だと言えます。あ、文字体系が4つ(ひらがなカタカナ漢字ローマ字)だとかもありますが、当たり前すぎるので省略。

でも、これらは全部間違っていると私は思います。英語以外にロシア語中国語ドイツ語ラテン語エスペラント語にも手を出した私がそう思うのですから(ただし使えるとは言ってない)。

それらに対する反論を今から述べていきます。

日本語はそんなに省略が多くない

まず、勝手に省略が多いと思い込んでいますが、これは半分正解で半分間違い。

というのも、省略の多さは文法に由来するものではないから。難しいですね。言い換えますよ。

日本語の文法が、日本語の省略の多さを決めているのではない

ということ。

「省略」が頻繁に行われる言語をハイコンテクストな言語と言います。コンテクストとは文脈の意で、状況において同じ言葉の持つ意味が変わったり、言葉の先まで察することが求められる言語はハイコンテクスト(高文脈)だと言えます。

もともとアメリカの文化人類学者であるホール氏が著書"Beyond Culture"(文化をこえて)で提示した「高文脈・低文脈文化」の概念がもとになっています。

ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化(低文脈な文化……つまり言いたいことは全部言っちゃわないと伝わらないような文化)の違いとして一番顕著な例は

「はさみ持ってる?」だと思います。

日本語では普通に

はさみ持ってる?

と言えば当然それは

「はさみ持ってる?(持ってるなら貸してくれない?)」

()の中を補うのは当然であり、それをやるのは当然聞き手側。察せない人間をアスペといって叩く風潮もありますね。

でも、その言葉の意味としてはただ「持っているか、持っていないか」を聞いているだけであり、そこに貸してなんて意味は加わらないはず。

だからおそらく、ホール氏の著書の中で最もローコンテクストな文化……(スイス地方の)ドイツ語では絶対伝わらないでしょう。

ドイツ語で「はさみ持ってる?」と聞いても

「持ってるよ」

…………で終わり。だから何?という顔をされるのかもしれない。

ローコンテクストな文化ではこう尋ねなければなりません。

「はさみを貸してくれない?」

と。

(このホール氏の仮説にも多数反対意見が出ていますが)

日本がハイコンテクストな文化を持っているとしたら、

言語もハイコンテクストなのか?

 

私はそこに勘違いが生まれていると思うのです。日本人が確かに「省略大好き」であることは認めます。でも、だからといって日本語が省略の言語である、というのは誤り。論理の飛躍がある。

だって、日本語だって省略なしで伝えられるじゃないですか。

「私はうなぎを注文します」って。それがめんどくさいから、ただ私はうなぎとしているにすぎない。当然店員はそれを察して「なるほど、この人はうなぎを注文しているのだな。この人がうなぎってことじゃないんだな」

としなければならない。それは言語の問題ではなく、文化の問題

 

そもそも、「私はうなぎ」のような省略が他の言語にないと思い込むことこそがまず間違ってます。中国語は(誰が言っているか明らかな場合)主語の省略を頻繁にしますし、魚を注文するときに英語のネイティブが"I'm fish"ということもあります(と、アメリカに留学していた先生から伺いました)。

 

省略は省略でもこれは別問題ですが、ドイツ語をはじめフランス語やスペイン語、ロシア語ギリシャ語などの言語は省略が多く起こります。「格変化」というものを行って、誰が何にどんなことをしたか、というのを表すからです。

つまり、

「このゲームは面白い」の「ゲーム」と、

「この子はこのゲームで遊ぶらしい」の「ゲーム」

「私はこのゲームを持っている」の「ゲーム」では、単語の語尾が違うんですね。これを格変化と言います。ドイツ語では1~4格、ロシア語では主格生格与格対格前置格の6つ。ラテン語は呼格(呼びかけるときに使う)が加わります。

ですから単純にいえば、名詞の語尾を見るだけで「これは目的語(「~を」にあたる部分)がわかる」ということになります。

ちょうど私たちが「ゲームを」を見て、これは目的語だな、だから例文にするなら

「このゲームを持っている」って使うんだろうなとわかるようなもの。

他にも動詞が格変化を起こすおかげで、

だれがやったのか/いつやるのか

が簡単にわかるようになってます。ですからロシア語では普通、主語なんて言いません。言わなくても動詞をきくだけで誰がやったのかわかるから。

※さきほど別問題だといったのは、格変化があくまで「文法による省略の事例」だから。日本語の省略は「文化による省略の事例」であって、この二つは本質的には全く異なるものだということを理解しておいてください。

 

「思います」は文化である

そして、アメリカの先生が言っていた「思います多すぎ問題」ですが、これも日本の文化によるものであり、日本語そのものの欠陥ではない。日本語だって

~である、~だ

という強い言い切りの形を文法に組み込んでいますから。ちなみに「ダ行」はかなり強いです。発音が及ぼす影響からそう聞こえるのか、それとも発音が強いからダ行が用いられるようになったのかはわかりませんが。

ご祝儀袋にお金を包むとき、一回開けてお金が見えちゃうと趣がなくなる。だから日本人はわざわざ袋を二重にして、お金を見えなくしました。こういう「オブラート」が大好きなのです。自分の意見もやはり包んでおきたがるのですね。だから思うを多用します。英語にとってみればそれが不自然に見えるというだけの話。

 

語順がないのは当然

日本語は助詞(~を、~で、~は、~と、~て)を言葉の後ろにくっつけることで、その言葉の文章中での使われ方を指定する言語です。難しいこと考える必要はない。

同じ「私」でも、「私は」と「私を」で使い方が違うだけの話ですよ。

ですから、文章のどこにあっても役割がわかり、語順が不規則になるのは当然です。しかしそれを日本語の曖昧さにつなげたり、ましてや日本人の主体性のなさにつなげる言説なんて聞かないほうがマシというレベル。

韓国語もトルコ語も日本語と同じ仕組みですが、彼らに主体性がないと言えるでしょうか?それがわかればこんな仮説が嘘だということぐらいわかります。

そして、格変化の多い言語でもやはり語順はバラバラです。英語は格変化をなくすかわりに簡約化を進め、世界共通語的ポジションを得ました。格変化の激しい言語ではしょっちゅう語順の入れ替えが行われています。単語の語尾を見るだけで文章中での働きがわかるのですから、日本語でいうところの助詞がくっついたものだと思えばよい。

結局なんですか、一部の人以外、世界中の人間はみな主体性がないとか、曖昧になるだとか、そういう結論につなげたいんでしょうか?

 

というわけで、今日の結論ですよ。

他の言語だって省略はしょっちゅうやっている

日本社会の風潮(自分の意見をあまり表に出さない)により、日本語は曖昧な言語にみられがちである

特に日本語が曖昧な言語というわけではない

 

という感じ。みなさんもこれからは「日本語は曖昧だから」とかいって変な誇りとか罪悪感とか持たないようにしましょう。どんな言語もツールであり、そこに価値の良し悪しなんてないのですから。