ちしきよく。

雑多系ブログ。みなさんの「何かを知りたい!」という欲を叶えましょう。

男で一人称が「私」だと気持ち悪いらしい……どれ使えばいいんだ



あとで読む

f:id:zetakun:20170609124615p:plain

一人称めんどくさすぎ なぜ日本人に産まれたんだろ

いやあ、参っちゃった。

先日、塾の子(小学4年)に勉強を教えてたら、

「先生って自分のこと私って言うの?」

って聞くもんだから、

「うん、まぁ……」

と歯切れの悪い返事で答えたところ、

「気持ち悪っ!」

と一蹴されてしまった。おじさんは確かに一人称は私だけどさ、気持ち悪くなんかないよ。許してよ。

 

 

「気持ち悪い」まで言うことないんじゃないか……。

子どもは大人と違って、あまり気づかうということをしない、その分心へのダメージも大きい。率直、本音だから。

 

まあ子どもの時は、身近な大人でしかも男が「私」を使っているのを見ないし、経験値の差なのかな~と思っていた。

 

でも、なんか同年代のいろんな人に聞いてみると、一概にそういうわけでもないらしい。私の一人称が私であることを隠して(紛らわしい)聞いてみたら、「私?うーん……ちょっとね」「私ってかしこまった言い方だから、友達にいわれるとなんかカチンとくるなあ」という意見があった。カチンとくるのかね。

 

(大多数は「好きに呼べばいいんじゃね」だったんだけど) 

 

昔の思い出

一人称に関しては、あまり良い思い出がない。

 

小学1年の時、自分をどう呼べばいいかわからなくて、そのまま本名で読んでいたら、これまた「気持ち悪っ!」と言われてしまった。

 

だが、そのころ、なんとなく「ぼく」に対する嫌悪感みたいなものがあって、(嫌いな子の一人称が「ぼく」だったとかいうくだらん理由だったと思う)

でも、「おれ」ってのはなんとなく横暴そうな感じがして、その板挟みになっていた私は何を血迷ったか「わたし」と自分のことを呼んだ

 

小学校・中学校時代がかなり荒れていたとはこの前お話ししたけど、やはり横暴グループの人たちに、「女みたい!」「女!」

と言われたのも、今は昔の思い出。

しばらくこれでいじられた。あだ名が「ワタシガール」になった。

 

だから、生徒に「気持ち悪っ!」と言われたときには、すかさずこの苦々しい光景がフラッシュバックし、思わず頭を抱えそうになったのだ。

 

 

私は「わたし」から逃げるように、「ぼく」を駆け抜け、「おれ」へとたどり着いた。

 

 

公式だと「わたし」なのか、と学んだ日

いつしか一人称は「おれ」で定着していた。ほとんどみんながそう使うからだろうか、「おれ」に対する横暴イメージももう感じない!

と思った矢先のこと、親にこう言われた。

 

「目上の人との会話では、『わたし』を使うのよ」

 

私は途方に暮れて泣き出した。

あれほどみんなが「女みたい!」と言ってからかった「わたし」を、使わなきゃいけなくなる日が来るなんて!と絶望にかられたためである。(事実来たのだけど)

 

 

「じゃあもう生徒って言えばいいじゃん!」と意味不明な捨て台詞を吐いて、部屋に閉じこもったのを覚えている。

(たぶん、先生が自分のことを「先生な~」と言うから、それにかけてじゃあ自分のことも「生徒」って言えばいいとかいう発想なのだろうが、やっぱり意味不明である)

 

でもそんな時、職員室でたまたま先生の電話を盗み聞きした。

「私」と言っていた。

 

体に稲妻が走る思いだった。

親にそう言われてからずっと、「わたし」とか女みたいだし使えるか!と敵愾心を燃やしていたにも関わらず、男の先生はしっかり「はい、私がですね……」と言っていたのだ。虚空に屹立する空中都市を見て、「ラピュタは本当にあったんだ!」「すごーい!」と叫びたくなるような気持ちだった。一人称が得意なフレンズ。

 

友達に自慢げに「先生ね、自分のこと『わたし』って言ってたよ!」と報告すると、「お前嘘つくなよ!」「どうせ女の先生だろ!」と一蹴されてしまった。

どうしてみんな信じてくれないのか。

 

だが、やはり「わたし」を使うのは女の人みたいで気恥ずかしくて、しょうがないから友人との会話では「おれ」を使い、先生とか床屋さんみたいな大人の人には何も言わずただ自分を指さし、一人称の代わりにしていた。

きっと「こいつ変な子やな」と思われたことであろう。

 

(実はこの間、もっと細かい転換があったのだが、それは話さない)

 

中学・そして高校での出会い

そしてなんとなくそれで通し、少し成長したのか、中学生の時には

友人の前では俺、

目上の人の前では僕、

と結構ちゃんとした使い分けを学ぶようになっていた。

 

俺を使ってればいじめられることもないし、まあなんというか、「一番無難」なのだ。おそらく日本の中学生が最もよく使っていると思う。

 

しかし高校に入学し、これまた衝撃を受けた。

一人称が「私」の先輩に出会ったのである。

かれは同じ部活の1つ上の先輩で、まぁ人格はというとアクエリアスにドラゴンのツメの垢を混ぜて煮詰めたような……つまり変な人だったのだが、頼りになる良い先輩でもあった。しゅっとした顎の先に乱立するアゴヒゲがチャームポイントの。

 

彼がどうして「私」なのかは聞きそびれたが、ともかく友人との間でも、先生に対しても親に対しても「私」を貫いた先輩の姿が、やけに輝いて見えた

今まで私が嫌悪感を曝け出していた「私」に対する評価の、コペルニクス的転回の瞬間である。

 

私はラーメン屋の屋台の匂いにつられるように、徐々に「私」に心惹かれていった。

 

そしてついに、小1のときに『ワタシガール!』と言われて以来、数度にわたって一人称を変えてきたこの私が、自分の一人称を確立したのだ!

それが「私」であったのは皮肉で奇妙な事実であると言わざるを得ない。

 

運命とはかくも円環的なものよ。いつかは巡り廻って、何かに戻るのだ。

 

「私」の使いやすさ

正直言って、他のどの一人称より、「私」が使いやすいと今は自負する。

 

なぜなら、「俺」や「僕」、「某」「小生」「ワイ」「俺様」「オレっち」「当方」「麿」「吾輩」「わて」などと違い、公的な場面で一般に認められているのは「私」だからだ。

友人と話すときと間違って、目上の人に失礼な一人称を使うことがない、というのは、それだけで筆舌に尽くしがたい利点なのである。

 

しかし今、小学生や友人に「『私』はちょっと嫌だ」という意見を受け、心が揺らいできている。数年間「私」で通してきた私は、これから一体どうすればいいのか。路頭に迷っている。

 

「ぼく」はボウリングピンイケハヤさんっぽくてアレだし、「俺」も何となくキャラに受け付けないし、「小生」はid:dacsさんやYahoo知恵袋民の特権だし、「ワイ」はなんJ民みたいだし、「それがし」はサムライだし、一体どうすればよいのか。

男が使っても気持ち悪くない上に、私のキャラにぴったり合う一人称はないものか。

 

やっぱり、人によって使い分けるしか、ないのかな。